『ヘンリー六世』事前レクチャー夜の回

美術家の島次郎さんのお話を伺って、お仕事中の鵜山仁さんのお姿を垣間見れて
テンションは上がるし(笑)うひょうょ~にやけっぱなしのにまにま顔と
溶け出した頭を切り替えるために
夜のレクチャーまで、お茶してから隣のオペラシティへ
料理も出来ないくせに(やれば完璧にできますけど・・多分)憧れの器のカンペール焼きを見て癒されて、
またお茶して、ご飯食べて・・と、新国立劇場中劇場のホワイエへ

開始時間が来たのですが
鵜山さんは、丁度ダメ出し中の真っ只中。
「5分ほど遅れます」と、制作のMさんからご報告があって
では、その間に「一瞬で肩こりが治る体操をしましょう!」とスタッフの方の声で
体操タイム★
イスに腰掛けたままで、おへそを前に突き出します。
すると肩が後ろに引っ張られる感じになります。
次に手のひらを上にして、両手を開き小指を上に上げます。
すると、腕がぴーんとなって、背中が気持ちよく伸びてきました。って、これだけですが
すっきりするから、あら不思議♪

そうこうしているうちに制作のMさん「今、鵜山さんがお稽古場を出られました」きゃぁ★
かつんかつんと靴の音と共に、背後から現れた鵜山さんです。
「お願いします。みなさんは本番見て頂ける・・?!」
「もちろん」制作のMさんが代弁を・・(笑)
「事前レクチャーというからには、作品のポイントをいくつか話しておいた方が良いかな・・」
「『ヘンリー六世』なんて、わりと聞きなれない王様の話なんで
史劇っていうからにはロイヤルファミリーの場合によっては退屈な話なのかと思われるかも・・・
確かに固有名詞は若干面食らうかもしれないけど、いくつかポイントをお教えしておきます」
ということで、鵜山さんのレクチャーの始まりです★
私は鵜山さんのお話、その語り口がたまらなく大好きなのです!!
机の前に立って語り始める鵜山さん・・・素敵なのです。
と、夜の回の参加される方は、若い女性が圧倒的に多い!
やっぱ鵜山さん、かっこいいからなぁ~仕方ないよなぁ~と
これ以上、らいばるやらふぁんが増えたら・・むむむっと(笑)
だって久々にナマ鵜山さんのお姿なので、テンションが高いのでしゅf(^_^;)
メモの方も勝手な解釈があるかもしてませんので、ご容赦くださいね。

『ヘンリー六世』は、1部.2部、3部と全部で多分9時間位になるそうです。
「台本持ってくれば良かったんだけど・・」とおっしゃりながら
台本を色分けしてあって、第一部は赤、第二部は白、第三部は黒い台本で160~180頁程
あるそうです。持って歩くだけでも結構大変とおっしゃいながらも
こんな経験も一生に何度も出来るもんじゃない(笑)

第一部の副題は「百年戦争」14~15世紀に掛けてのイギリスとフランスの戦争です。
当時のフランスは、現在のほぼ五角形の国を成していたわけではなくて
フランスの中にバーガンディ公国というのがあって、バーガンディ公(鈴木慎平さん)という
フランス貴族がいて、イギリスと結託してシャルル七世が戴冠して百年戦争が終わるそうですが
そのバーガンディ公(ブルゴーニューのイギリス訛の読みだそうです)とシャルル7世
そして有名なジャンヌ・ダルク。この3人がフランス側のキーパーソンだそうです。
ジャンヌ・ダルクは16歳で、シャルルをランスに連れて行って、そこの大聖堂で戴冠させて王に
して、ばらばらだったフランスを一つに纏めようと
16歳の少女の言葉に、イギリス側についていたバーガンディ公も盟約を取り消して
フランスに戻って、百年戦争はフランスの勝利に終わるそうです。
ボルドーやカレーやブルターニューの海岸線とかは、ほとんどイギリスのものだったそうですが
戦争の勝利によって、それらを取り返したそうです。
ところが、書いたシェイクスピアはイギリスの作家さん(笑)
「ややこしいことに(笑)なんとなくフランスが勝ったのか?イギリスが勝ったのか?
第一部は、よくわからない終わり方になっている節もある(笑)」そうです。
ただ、結果としてフランスの国内からイギリスを駆逐した事は変わりがないので
そのエピソードが第二部にも描かれているそうです。

「結局、なんの為に戦ったのか?」「なんの為に(フランスで)我々は血を流したのか?」
そんな切歯扼腕する場面が、第一部の終わりから第二部の始めに掛けて何度か出てくるそうです。
「こんな戦争の終わり方をして、何の為に命を落としたんだ?なんだったんだ?」
その「なんだったんだ?」の一番大きな原因を作ったのは、サフォーク伯(村井国夫さん)
イギリス側の貴族の将軍ですが、さる大きなフランスの貴族のお姫さまマーガレット(中嶋朋子さん)
を人質にするそうですが、彼はマーガレットを好きになっちゃいます。
ところがサフォーク伯は、マーガレットを自分の奥さんにしないでヘンリー六世(浦井健治さん)
の奥さんにしちゃいます。そして2人は不倫の関係に・・・。
そんな複雑な関係は、みんな知っていてヘンリーも薄々知っているそうです。
知っているけど顔に出さない・・で、ここまでが第一部となるそうです。

次に続きます。
by berurinrin | 2009-10-18 23:04 | イベント
<< 『ヘンリー六世』事前レクチャー... 『ヘンリー六世』事前レクチャー昼の回 >>