新国立劇場『昔の女』シアタートーク番外編

3/14(土)昼公演終了後に小劇場にて特別シアタートークが行われました。
司会は、新野守広さんと・・・にやけてしまいそうですが、うふっ♪鵜山仁さん
そして演出をされた倉持裕さん、翻訳をされた大塚直さん
作家のローラント・シンメルプフェニヒさんがご登場されました。

今回もせっせと書き書き&メモメモ状態なので
自己解釈&誤読たっぷりでもご容赦下さいね。
そしてやっぱ鵜山さん中心ですからぁ~、念のため★

新野さんから、まずはご紹介を兼ねて、今回の<シリーズ・同世代[海外編]>の企画者
でもある芸術監督の鵜山さんに、この企画の主旨について聞かれました。

発足は2007年4月。まだ鵜山さんが芸術監督就任以前からのスタートだったそうです。
海外現代戯曲を読んでみたい、情報を収集して共有してまた広く発信していきたい・・という思いから
演劇制作部を中心に外部から小田島恒志さん、佐藤康さん、新野守広さん、平川大作さん
(以上、あいうえお順です。と、わざわざおっしゃる鵜山さんがお茶目さんです♪)
英独仏の現代演劇の精通する方々のご協力を頂き月一回は研究会を行なっていたそうで
先生がたのお眼鏡に適った作品を月一で読んで頂いて、2回に一回は、翻訳をして頂いたり
かなり慌しい作業をされていたそうです。
今回のシリーズで3本並んでいて、次回作は『シュート・ザ・クロウ』
5月には、同じドイツの『タトゥー』が公演されますが、2年間の成果で3本が選ばれたそうです。
本来は、イギリス、フランス、ドイツとしたかったそうですが、残念ながらフランスの作品が
浮かび上がってこなかったと、鵜山さんはおっしゃいました。
その埋め合わせって事ではないのですが、所詮3本を選んだだけでは
本来の目的には遠いので、色を付けたような形で番外編としてリーディングを計画されたそうです。
研究会の成果として観て頂きたいとおっしゃいました。

次に、新野さんから今回の『昔の女』の演出をされた倉持裕さんをご紹介されました。
わたしは全く初めての方なのですが劇団ペンギンプルペイルパイルズを主宰され
2004年にはご自身の『ワンマンショー』で岸田國士戯曲賞を受賞されるなど多彩なお方・・。
不条理からウェルメイドまで幅広く、他の書かれた作品も演出されるなど大活躍されおられる
そうで、中でも渋谷パルコ劇場で上演された『開放弦』が素晴らしかったと、
そんな倉持さんに新野さんから、『昔の女』の演出について感想を聞かれました。

「率直に面白かった」と、倉持さんがおっしゃいました。
ご自身の作品である『ワンマンショー』も時間軸がばらばらになるストーリー展開なので
構成が似ているともおっしゃいます。
時間軸の変化を使うようになって「はじめは勇気がいったけれど、慣れたら面白かった」そうで
シンメルプフェニヒさんとは、面白いと思うところや興味を持った所が似ていると感じたそうで、
その理由として、無駄なものをそぎ落とし、最低限の情報で物語を作っていこうとする姿勢が
自分に似ていると思い、共感できると思われたそうです。
実験的でありながらエンタティーメント性を持っている。ともおっしゃいました。

日本バージョンの『昔の女』の感想をシンメルプフェニヒさんが答えて下さいました。
「素晴らしく良い印象」をもたれたそうで、「問題なく日本の文化に置き換え、
日本固有の美学、さまざまな色彩を描いてくれた」と、絶賛されていました。
「悲劇でもあり喜劇でもあり、メロドラマの要素を持つこの作品を、平行に描いて
くれたことは、とても素晴らしい」と、シンメルプフェニヒさんはおっしゃいました。
この作品は、パリ、ロンドン、ポーランド、ハンガリーで上演。
いずれも異なる解釈だったそうで、特にパリとロンドンは全く異なったそうです。
パリでは、アルゼンチンとポーランドの血を持つユダヤ人の女性演出家の作品。
活気ある気質の描き方に対して、まさに生粋のイギリス紳士が演出したイギリス版は、
伝統的に控えめで慎重・・・冒頭の場面、妻が夫に3回の平手を打つシーンは、
イギリス的には、よろしくないと受け止められたそうです・・・(笑)
演出家にしては、この作品が喜劇とみたり、悲劇として真摯に受け止めたりと多種多様だそうです。
今後、目指している事は、短い時間に沢山の感情を出せるか?作品を加速させて、
なるべく沢山の感情を盛り込み感情が押し出される・・そんな作品を作りたい。。そうおっしゃいました。

どこの国も言葉の乱れがあるようで、それはドイツも同じ傾向にあるらしいのですが
シンメルプフェニヒさんの翻訳をされた大塚直さんは、
シンメルプフェニヒさんの書かれるドイツ語が「とても綺麗」とおっしゃっていました。
「翻訳するうえでは、そんなに難しい作業ではないそうですが、シンプルな言葉こそ難しい」
と、おっしゃいます。
また、大塚さんは、70年代から80年代のドイツ演劇にはボート・シュトラウスさんという方が
おられたそうです。彼の特徴が3つあって
①何げない日常を詩学で描く。
②空間の使い方(例えば、『昔の女』での扉を開けた時のシーンや時間のバランス)
③映像メディアの影響(時間軸の錯綜とか)
そんなシュトラウスさんに興味をお持ちだった大塚さんが90年代に
映画『ベルリン天使の詩』のような詩学を継承する
劇作家を紹介しなくてはいけないと思われたそうでシンメルプフェニヒさんに出会ったときに
「シュトラウスの持ってる美学はこの人だ」と、すごい惚れこみようでした。
そんな大塚さんが居なかったら、この作品は出来なかったと新野さんもおっしゃっておられました。

倉持さんが、小劇場について、従来は自腹で本来自由にやってきたものが
最近は商業的になってきたと思われるそうで、危機感を感じながらも引っ張られる
作家主体のドイツ演劇の世界を羨ましい、初心に帰りたいとおっしゃいます。

新野さんが「商業主義をやりながらも、例えば新国立劇場小劇場の様な機構とセットにして
自分の創造活動を並行して出来たら良いですね」
商業主義でやりながらもリセットして自分を表現できる場所は必要で
すべてが商業主義で流されるのではなくて、儲かれば良いとかではなく
違った場所は大事と。その違ったもう一つの場所が新国立劇場ではないかとおっしゃいました。

しばし黙って聞いておられた鵜山さんが駄目押しのように
「ちょっとへそまがりにやっていくべきだと思っています。
新しい感情、(鵜山さん風に言うと)新しい音を探っていく事は、言葉のアスリートが必要なわけで、
新しいことに挑戦していく事は大事で、新しい言葉に出会う為には
へそまがりな新しい音の広がりの可能性を見つけるためにも、
リスクと共に楽しんで頂けるといいな・・・と
元々素直な劇作家とか素直な演出家はいないんじゃないか
それはアート、新しいコミュニケーションの定義に反すると思う」
最近、体育会系な言葉を使われる脳内筋肉もりもり★鵜山さんです。

「ドイツでは芸術とは、あえて傷口に手を触れる事」そうシンメルプフェニヒさんがおっしゃいます。
鵜山さんの言われる「音」という言い回しが素敵だとおっしゃり、
その上で「エコーという言葉を付け加えたい。
今、会場に来られてる皆さんの物語を構想しています。エコーとして何か物語をお返ししたい
それは全員がシェアできる気持ちを表現した物語です」
いやぁ~すごく素敵な言葉を頂いた気分です。

表現活動ということで、書くという作家の立場。そして演出する立場として
作家演出を兼ねた倉持さんは、自分の作品であれ誰が書かれた作品であり
まずは「疑ってかかる」とおっしゃいます。
また新野さんは、鵜山さんに演出家として戯曲を読む作業について
「普通は「こう言わんだろう」と言うのが大前提で、「じゃあどうしてそんな事いうんだろう?」
むしろその言葉が無かったら、どうやっていただろう?と
例えば「ちょっと待って」っていう台詞がなかったら、どう行動していたのだろう?と、
書き付けられた言葉の感情やその音の世界の周辺を探すのは、
自由であり、そういう点では、台詞を信用して、倉持さんとは違って、疑いを持たない(笑)」と
また「複雑な音の世界・・作家を出し抜いてやろうと思う。
信頼に値しない人を出し抜いたりしない
なので、作・演出をする倉持さんは、信頼ならない(笑)というか許しがたい(笑)」
そんな風に語る鵜山さんの表現は、本当に面白くて、吹き出しそうになりました。

シンメルプフェニヒさんのご自身の作家の世界は、翻訳でしかわかりませんが
と新野さんが、演出の倉持さんと翻訳の大塚さんは、どこまで打ち合わせられたましたか?と
聞かれると「1日だけ大塚さんと打ち合わせした」と倉持さんが答えられました。
ただ汚い日本語が少ないので「くされ***」(><)という台詞については、話し合ったそうです。
すごく気に入っていると倉持さんがおっしゃいました。
「翻訳に関しては、全く問題なし」と、大塚さんに対して、絶対の信頼をお寄せのようです。
そんな大塚さんも、倉持さんの『ワンマンショー』と『昔の女』は似てるとおっしゃり
倉持さんにサインをして頂いたそうです。
また、読み合わせに参加された際に語尾とかは、変更されたそうですが
後はそのままだったそうです。

最後にいくつかの質疑応答がありまして、その内一つだけ・・・
「『昔の女』での、同じ場面が繰り返されるシーンがありますが
演技に変化があるのは?」という質問で
台本の指定はないそうです。同じ事を繰り返す・・ライブなので
どうしても少し変化が起こるのは当たり前、同じ変わるんだったら
変えちゃってもいいかと・・すごく素朴な倉持さんのお答えでした。

前日のドイツ文化センターでは同時通訳だったこともあって判りづらい言葉が多かったのですが
今回の翻訳の方の言葉は、とてもわかりやすい言葉で表現されていて面白かったです。
鵜山さんは、オブザーバーみたいな役割で、
静かに周りに気配ってる姿は、やっぱりかっこいいです。
最後の締めに、鵜山さんが話す素振りを感じたのですが・・・
話をされずにちょっと残念(><)
イベント終了後、昨日と同様にロビーで、著書のサイン会をして下さるシンメルプフェニヒさん
優しいですね。もしかしたら一生出会わない方かもしれないので、
本当に貴重なサインです。
それにしてもシンメルプフェニヒさんって、呼びずらい・・・(苦笑)
by berurinrin | 2009-03-17 02:03 | イベント
<< 新国立劇場・番外連続リーディン... ヴィデオ上映&トーク『今、ここで』 >>