祝・文学座新稽古場お披露目会<その1>

祝・新稽古場お披露目会 in  文学座(1/17 pm2:30~5:30)

待ちに待った文学座の新お稽古場完成お披露目会に参加してきました。
新稽古場の名称は<新モリヤビル>鉄筋3階建ての立派な建物です。
いつもは、東京會舘でゴージャスな忘年会となりますが
今回は、文化祭形式の形でアトリエ・新モリヤビル1Fと2Fを
タイムテーブルで確認しながら行動していきます。

一番最初に、新モリヤビルの前に受付コーナーがありまして、カードに名前を記入します。
ここで受付をして下さったのは、俳優座劇場『空の定義』に、ご出演された
浅野雅博さん。珍しいメガネを掛けたお姿です。。メガネを通した柔らかな笑顔は
とっても爽やかでかっこいいですね。
アトリエの路地の先にはクロックコーナー。
こちらでコートを預けます。そこには、これまた爽やかでカッコいい沢田冬樹さんの
お姿が・・・巣林舎『『燦静胎内捃』の義経役よかったですよね!!
次にもう一つの受付、こちらは文学座の美しい女優さんたちが・・
いやいや眩しいです。
口紅』の小悪魔(笑)あきなさん演じられた松岡依都美さんや『ゆれる車の音
では、小料理屋の女将しのぶさん演じられた山本郁子さんのキラキラした笑顔・・
先程、書いた名前のカードをお渡しして、お披露目会の案内のチラシを頂きました。
と、アトリエはすでに満員なので、新モリヤビル1Fに案内されました。

新稽古場に入る目に、1回目の『グレンギャリー・グレンロス』の交流会の整理券をGET。
「ちょうどキャンセルが出ました」と、整理券を下さったのは『口紅』で、
元ヤンキーの雄介君を演じられた亀田佳明さん!
おっ、脱色した髪が黒くなっていますね。
ふと見廻すと、『口紅』で、スキンヘッドで眉なし(笑)のこわーいお兄さんを演じられた
高橋克明さんのお姿!!眉はちょっと伸びたと、被っていた帽子から
眉をちら~(爆)っと、ちょっと強面なお顔ですが、いつも優しくて面白い克明さんです。

初めて、新モリヤビルに足を踏み入れました。地上から階段を降りて中に入ります。
そんな半地下になっている1F稽古場は、天井が高くて、とても広いです。
すごい、すごいと目がまんまるになってしまいました。
黒い壁には、過去の舞台写真が飾られていています。
会場には、『アラビアンナイト』の、あのとろけそうな笑顔が素敵な木津誠之さんや
ミセス・サヴェッジ』の演出をされたイケメン演出家・上村聡史さんのお姿も!!
新モリヤビル1階の会場では、舞台の上に椅子が7脚、舞台に向って
椅子が用意されていて、椅子に掛けてアトリエからのセレモニーの音が
聞こえてくるのを今か今かと待ちかねていました。

アトリエの司会進行として大滝寛さんの第一声から、セレモニースタートです♪
『ミセス・サヴェッジ』で素敵な精神科医の先生を演じられておられましね大滝さん
と、先日の寺山修司賞を受賞された「お正月に食べ過ぎてちょっと太りました」
と、いやいや、可憐な栗田桃子さんのお二人が進行役をされます。

すると、座員の方々が舞台の上の椅子に座られて、みんなで一緒に
アトリエから伝わってくる様子を聞いている・・なんか楽しい雰囲気です。
そんな中には、角野卓造さん倉野章子さん、神保共子さん、吉野由志子さん
金内喜久夫さんらすごい俳優さん達の間に発見したのは
鵜山仁さんのお姿!!きゃーきゃー、めちゃめちゃ素敵です

まずは、劇団代表の戌井市郎さんのご挨拶が始まりました
「新年おめでとうございます
新年早々、皆さまに私どもの第2稽古場の新装開業のお披露目に
お集まり下さってありがとうございます。」
アトリエが建って丁度59年になるそうで、アトリエが建って20年位後に
モリヤという旅館を買い取って、その一部を改修して稽古場として使うようなり
43年間使われたそうです。ここに新しく第2稽古場という呼び名になりますが
全体の総称がアトリエであって、創立のメンバーである岩田豊雄さんが
「アトリエ」という名前を付けられ、ここを自分たちの工房、仕事場あるいは
道場、ここで切磋琢磨して勉強しようという場所だそうです。
新モリヤビル1F、2Fが稽古場で、勉強会や小さな発表をどんどんやっていきたい。
年中、文学座では何か演っている!・・そうおっしゃる戌井さんは、92歳!お元気です。

今年は、杉村春子さんの生誕100年(1909年生まれ)に当たる年だそうです。
「稽古場が欲しい」そうおっしゃっておられた杉村さんの念願だった稽古場(アトリエ)が
建って60年・・そんな年に新しい稽古場が建って、きっと喜んでおられるのでは・・と
お話を締めくくられました。

新モリヤビルの大きなロゴと看板は、大阪支持会からの寄贈とのことでした。

支持会担当代表として坂部文昭さんのご挨拶です。
「戌井先生のように上手い挨拶ができませんが(笑)」とおっしゃいながらも
「今日は、お稽古場のお披露目の会であって忘年会でも新年会でもないのです」と
お披露目会に至る経過をお話下さいました。

文学座東京支持会長さまのご挨拶が続きます。
そして乾杯のご挨拶は、本山可久子さんです。
アトリエとモリヤで一緒に乾杯で~す。
c0023954_20313096.jpg

by berurinrin | 2009-01-18 18:32 | イベント