祝・第8回朝日舞台芸術賞!!

第43回紀伊國屋演劇賞が昨年12/18発表されました。
金内喜久夫さんが、個人賞を受賞されました。
<俳優座劇場プロデュース公演『真実のゆくえ』&
新国立劇場『舞台は夢ーイリュージョンコミック』の演技として>             

1/8付で発表された第8回朝日舞台芸術賞(朝日新聞社主催)
グランプリは、新国立劇場制作の日韓共同制作の作品『焼肉ドラゴン
アーティスト賞は、平幹二朗さん(『リア王』『山の巨人たち』)と松本雄吉(『呼吸機械』)
寺山修司賞は、栗田桃子さん(『父と暮せば』)

鵜山仁さんが、関わる新国立劇場制作の作品とご自身が演出された作品で
こんなに受賞者がいらっしゃる事が、何よりも嬉しいです。
わーいわーい!!

『舞台は夢ーイリュージョンコミック』の金内喜久夫さん演じるプリダマンと共に
私たちは、舞台で息子の波乱万丈に跳んだ人生の軌跡をハラハラドキドキしながら
見守っていました。プリダマンの叫びや喜怒哀楽は、観客代表でもありました。

『焼肉ドラゴン』、これは本当にすごい衝撃を受けました。
彼ら娘達たちの選んだ未来を、私たちが歴史の事実の結果で知ってる事の絶望感と
それでも・・と思う、ほのかな希望・・・はっきり云ってショックでした。
地元の演劇鑑賞協会で、運営委員達が観た作品のランキングを統計にしているの
ですが、呼びたい度ダントツ1位です。
「こういう芝居を地元で呼べたら・・」本当にそう思います。
ちなみに2位は、文学座の『殿様と私』すでに例会公演が決まっていますYeah~!(*^^)v

『山の巨人たち』の怪しい(笑)魔術師コトローネを演じられた平幹二朗さん。
沢山の流暢な長台詞に、わたしも不思議な世界に誘われました。

そしてこまつ座『父と暮せば』の美津江さんを演じた栗田桃子さん。
あまのじゃくで、素朴で真っ直ぐで、愛おしかったです。
桃子さんが、受賞された事・・本当に嬉しいです。

おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

今月末は、読売演劇賞の発表ですね。
嬉しい報告があるといいですね★
by berurinrin | 2009-01-10 20:47 | イベント